商品比較

炭酸水メーカー/ソーダストリームとドリンクメイトの違いとおすすめ紹介

レジャーやアウトドアなどに欠かせない炭酸水。でも、ソーダストリームとドリンクメイトて、どっちを買っていいかわからない。

今回は、この2種類のメーカーの違いと、性能の違うをご紹介します。

※ブログランキング登録してます。是非「ポチッ!」とお願いします。

|ソーダストリームとドリンクメイトの違い

気軽に炭酸を作れる「炭酸水メーカー」。特に人気の高いメーカーは2社

・ソーダストリーム(sodastream)
・ドリンクメイト(drinkmate)

実際にどちらの商品を買おうか迷っている方も多いと思います。「炭酸水」作るならソーダストリーム!と考えの方の方が多いのではないかと思いますが、実際はどうなんでしょうか。

同じ炭酸を作る2社ですが、5つの項目について確認したいと思います。

・対応する飲料

実はソーダストリームは、「水」にか炭酸水を作ることしかできません。

しかし、ドリンクメイトは機種によって「ジュース」「ワイン」等の糖分のある飲み物に対しても使うことが出来ます。

しかし、ボトル1本分作るとしても最大で350mlまでしか作れないことと、ガスの消費量が、水と比べて多くなってしまうので注意が必要です。

レ ソーダストリームは水しか使えない
レ ドリンクメイトは機種により水以外も炭酸に出来る
レ 最大で350mlまでの作れるが、コストがかかる

・ドリンクメイトはインフェーダーが付属されている

ドリンクメイトでた水以外の炭酸水を作るために、インフェーダーを使います。※対象機種には付属されています。

このインフェーダーは、ボトルの先端部に取り付けるパーツで、ガスを高圧のまま、本体を取り外すことが出来ます。その為、高圧のまま炭酸を水になじませることが出来ます。

また、パーツ自体にガス抜き機能がついている為、ジュースなどでも安心してガス抜きをすることが出来ます。

ただし、取り付けはねじ式となっている為、ソーダストリームのように、ワンタッチで取り付けが出来ないので、多少めんどくささはあります。

・コスパの違いは?

それでは、それぞれのガスシリンダーの容量とコストを紹介します。ランニングコストに関わってくるので、とても重要なポイントです。

ソーダストリームガスシリンダー

 基本サイズは60Lとなっており、更に小さいミニサイズがある。

ドリンクメイトガスシリンダー

 ソーダストリーム同様60Lタイプが基本となるが、更にコスパ最高にす
 るため、マグナムボトルを追加

それではざっくりとになりますが、下記のコスパを確認ください。

メーカー

ソーダストリーム

ソーダストリームミニ

ドリンクメイト

ドリンクメイトMGS

炭酸水 60L 25L 60L 142L
内容量 410g 190g 410g 975g
新規購入 \3,429 \2,500 \3,400 \5,980
交換代金 \2,000 \1,250 \2,000 \3,280
1Lの値段 約33,3円 約50円 約33,3円 約23円

※価格は税抜きで表しています

こうやって見ると、ドリンクメイトMGSのコスパが圧倒的に安くなっています。

ソーダストリームがブームになった時は、60Lでコスパが最高だったんですが、ドリンクメイトがMGSを出したことによって、最近ではドリンクメイトのシェアがどんどん上がっている感じです。

しかし、注意事項として、ドリンクメイトのガスシリンダーは、ソーダストリームと比べて、「ガスを扱っているお店が少ない!」事です。

ソーダストリームは、家電量販店やディスカウントショップで殆ど扱ってします。しかし、ドリンクメイトは、家電量販店がメインとなっている為、ご自宅の近くに売っていない可能性もあります。

そうなると、現時点でガスシリンダーが手に入りやすいソーダストリームに軍配があがります。

ドリンクメイトをお求めの方は、一度近くのお店をチェックしましょう。

〇本体ラインナップ

・ソーダストリーム

TERRA(テラ)スターターキット

ソーダストリーム TERRA(テラ)スターターキット

スリムでコンパクトモデル。手動モデルの為外に持ち出して、BBQがてら炭酸水を作ることが出来ます。

時間設定が搭載されていない為、ボタンを押した回数で、炭酸量を決めていきます。安く済ませたい方におすすめ

Source Power(ソース パワー) スターターキット

【公式ショップ限定特典付き】ソーダストリーム Source Power(ソース パワー) スターターキット <炭酸水メーカー>

ソーダストリーム最上位モデル。電動式の為ワンタッチで「弱/中/強」の炭酸が簡単に作れます。初めての方やプレゼントに最適ですが、電源式の為、外に持ち運びは出来ません。

Spirit One Touch(スピリット ワンタッチ) スターターキット

ソーダストリーム Spirit One Touch(ワンタッチ 白) スターターキット 特別パッケージ

上記のソースパワーキットよりコンパクトにまとめ、ボタン操作が若干変わりました。価格も抑えられており、時にボタンの違和感をあまり気にしない方にはとてもいいと思います。電動式の為、外出時での使用は不可

Source v3(ソース v3) スターターキット

おすすめ1位!!

【公式ショップ限定特典付き】ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット

ブロックをプッシュすると、「弱/中/今日」の強さをランプでお知らせしてくれます。

手動タイプで外出先でも活躍間違いなし。もちろんプレゼントにも喜ばれますよ。そして電動式と比べて価格も安く、現在ソーダストリームの中で、売れ筋NO1となり是非お勧めです。

GenesisDeluxe v2(ジェネシス デラックス v2)スターターキット

(在庫あり)sodastream SSM1069 ホワイト ソーダストリーム Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス) スターターキット

完全オーソドックスな炭酸水メーカー。値段もお手頃で、自分好みに手動で炭酸量を決める事が出来ます。操作に慣れている方や、お手頃価格で揃えたい方向けとなります。

・ドリンクメイト

DRM 1010

【即納】正規品 ドリンクメイト シリーズ620 家庭用 おまけSボトル付き 炭酸水メーカー 142L/60L マグナムガスシリンダーも使用可能 DRM1010 / DRM1011【202203sscp】

ドリンクメイトのベーシックモデルです。基本ドリンクメイトは「手動」となります。

炭酸濃度を4段階で設定でき、ワンプッシュで自動注入。

マグナムタイプのシリンダーは使えませんが、水以外のジュースやワインも炭酸水に出来ます。

DRM 1005

【専用ボトル3本セット】ドリンクメイト マグナムグランド スターターセット ホワイト 「142Lガスシリンダー・Lサイズボトルがセット」+ 専用ボトル3本 炭酸水メーカー ソーダメーカー 直接炭酸注入 大容量モデル drinkmate DRM1005 白【ギフトラッピング対応】【在庫あり】

最大142Lの炭酸水が作れるマグナムガスシリンダー対応。とにかくコスパを求める方は絶対にこちらの商品をお勧め。

もちろん水以外の炭酸水も作ることが可能です。

〇まとめ

ソーダストリームとドリンクメイトの違いとして

・ガス交換は店舗の多いソーダストリーム
・コスパを考えるならドリンクメイト(マグナム)
・ドリンクメイトは水以外も対応可能
・電動を求めるのならソーダストリーム

自身で実際両方の見比べてみましたら、ソーダストリームの方が、炭酸の泡が、少し細かい感じがしました。

ソーダストリームが「シュワシュワ!」に対して、ドリンクメイトが「ジュワジュワ!」って感じで←わかりづらくすいません。

ドリンクメイトの方が、炭酸の泡が大きく長持ちしていたような感じがしました。

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
nonsuke
家電って普段生活するには欠かせない存在。でもいざ家電を買おうと思ったときに深く悩むことはありませんか?そんな方の悩みを、家電店で培った知識と経験を元に色々とご紹介いたします。